WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBサイトで見つけた、日焼け止めの選び方。

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

これからの季節は一年のうちで強い紫外線を受けるので、しっかりと日焼け止めを塗ってシミや乾燥の原因にならないように気をつけましょう。日焼け止めは使う場面や時間によって向いているものが違うので、それぞれの特徴を知ってこまめに使い分けましょう。パッケージに目立つように書かれているのは「SPF」と「PA」という文字だと思いますが、これは何を意味するのか私は曖昧なままでした。そこで、WEBで少し調べてみました。

まずSPFは「サンプロテクションファクター」の略称で、紫外線をカットする力を表しており、その横の数字掛ける20分ほどの時間、肌を紫外線から守ってくれるという意味があります。SPF30よりもSPF50の方が長い時間効果があるということなので、こまめに塗りなおせない状況にあるときは数字の高いものを選ぶことをオススメします。続いてPAは、「プロテクショングレイドオブUVA」の略称で、PAの文字の横にはプラスの記号がいくつか並んでいると思います。これは皮膚を黒くしたりシワやたるみの原因となるUVAを防ぐ効果がどれだけ強いかを表し、プラスが多いほど強力になります。直射日光を浴びる場合はプラス記号が多いものがオススメです。しかしどちらも数字や記号が多いと効果が上がりますが、肌への負担がかかるので注意しましょう。

関連記事

Copyright (C)2017WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ.All rights reserved.