WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBの変化について

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBというものが身近になってから久しくなりますが、以前のインターネットと今のインターネットの活用方法は大きく違ってきています。ここでは、その違いを1995年ごろにインターネットが出始めたころと、現在を比較して述べていきたいと思います。

1995年ごろから一般家庭にもインターネットというWEBサービスが普及するようになりましたが、昔はホームページを閲覧することが主な活用の仕方でした。例えば、好きなお店の紹介を見たり、イラストを見たりすることはできましたが、実際に購入するにはそのお店に問い合わせることが必要でした。また、イラストを自分から発信したいと思っても、HTMLという言語を使って作る必要があり、ホームページを作ることのできる人は限られていました。

しかし、現在はインターネット上でネットショッピングを楽しむことができるようになりました。ほしい商品をクリックして、必要事項を記入すれば、その商品が実際に自宅に届きます。また、イラスト共有サイトなどもでき、簡単にイラストを公表することができるようになりました。

関連記事

Copyright (C)2017WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ.All rights reserved.