WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBサイトを作成するにはブラウザについて理解が必要です

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBサイトを閲覧するツールのことをブラウザと言います。ブラウザには多数の種類があり、それぞれ表示の方法や使用できる技術が変わってきます。WEBサイト作成の為にHTMLやCSSを使用したサイトをブラウザが内容を読み取って初めてWEBサイトとして表示してくれます。例えばMicrosoft製のInternetExplorerやMozilla製のFirefoxなどがあります。検索エンジンで有名なGoogle製であればGoogleChromeなど沢山あります。

これらのブラウザは同じブラウザというカテゴリですが、WEBサイトを表示する方法がそれぞれ違います。なぜ表示する方法が変わってくるかと言うと、HTMLで指定された要素に対してデフォルトでそれぞれ違ったスタイルを指定しているからです。例えばHTMLの中には<h1>という要素があります。この<h1>という要素に対してブラウザによって文字の大きさがそれぞれ別のポイント数で設定されています。以上の内容からWEBサイトを作成する時にはブラウザについて理解が必要です。

関連記事

Copyright (C)2017WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ.All rights reserved.