WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBサイト作成時のHTMLとCSSの役割とは

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBサイトを作成するには様々な言語を駆使しています。その中でも代表的な言語であるHTMLとCSSについて説明します。まず、HTMLが担当する役割は文書構造の構築です。WEBサイトの内部構造を作っている言語と言えます。次に、CSSはHTMLで構築された文書構造に対してデザインを指定する言語です。例えば文字の色や背景の色、文字の大きさ、太さなど様々なデザインを指定することでWEBサイトをデザインしていきます。

デザインについてはCSSを使用せずHTMLだけで指定することもできますが、本来HTMLは文書構造を構築するものなのでブラウザに正確な文書構造を認識してもらえない問題からCSSを使用したデザインが推奨されます。この2つの言語は別々のファイル形式なので、HTMLにCSSを適用するにはファイルを読み込む必要があります。HTML側に直接CSSの内容を記載することも可能ですが、1ファイルに2つの言語が混在するとごちゃごちゃになるので分けて記載します。以上が2つの言語のそれぞれの役割です。

関連記事

Copyright (C)2017WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ.All rights reserved.