WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBサイトをデザインする方法とは

WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ

WEBサイトを構築する要素はいくつか存在しており、文書などを担当するのがHTMLでデザインがCSSです。デザインを担当するCSSについて説明します。CSSの正式名称はカスケーディング・スタイル・シートと言って、WEBサイトの中のスタイルを指定する為の言語です。HTMLで構築された内容をデザインする時に使います。CSSにはどの部分にどういった装飾を施すのかをブラウザに判断させる為の役割があります。

例えば、WEBサイト全体の幅や高さ、文字の色や背景の色など様々な部分をデザインできます。HTMLだけでもサイトのデザインは可能ですが、本来HTMLはサイトの文書構造を構築するものなので、デザインまでHTMLで構築するとブラウザに正しい文書構造を読み取ってもらうことができなくなります。こういった問題からHTMLでデザインするのではなく、CSSでのデザインが推奨されています。以上の内容からWEBサイトのデザインを指定するにはCSSが必要です。

関連記事

Copyright (C)2017WEBページでデータや情報を収集できるネットワークライフ.All rights reserved.